住職系女子があんまり良い話が多くて良かった

妖怪番長は何として見てみると、マンガのターゲットがあまりにも成果が強くて笑いました。束の間外見の中からちっちゃなキャラが出てきているのかという間違いしてしまうような想像だ。さすがに妖怪番長というだけに、とんでもな人外気分に溢れていますね。こういう柴田ヨクサル様の品物は、不気味だけど眩しいキャラが好物を食べようとする光景から始まります。からきし妖怪という感じじゃないですが、何となく紫色の髪のキャラが夢の中で念願というわかったという、割と現実的なテーマだ。そんな事をやっていると、月日学園というスクールが出てきて、新任教師の木場ヤスオがなんだか苦しく地震といった台風を講評し始めます。うん、ここまで何が妖怪番長なのかからっきしですが、これは考えにおいて黒星なのでしょう。しかも、ここが小学生というから、ますます学生らは理解出来ていないモデルだ。でも、こういうインストラクター、ちゃんすうを考え方に来たのではなくて番長を決めに来たとか、強引に妖怪番長野原へ誘い込んできました。あとは妖怪テーマだけですが、こういうスクール、実は特別なパワーを持つ学生だらけだったんですね。この日からパワーを解放して、番長を決めるというよくわからない話になりました。それでパワーやり取りで番長決意となりますが、でも最後に3それぞれ残るのがママばっかりとか、番長を決めるのに何がなんだかという感じですね。そんな時、ついにハゲオヤジヘッドがついた妖怪が登場して、同時に所の風情は盛り上がります。それで、これを倒した学生が番長だというわかりやすい要素となります。こうして残る女学生らのパワーが貸し出しされていきますが、ぶっちゃけ妖怪よりも妻らの方が怖かっただ。夢の内へ乱入するパワーで、しかも念願でやった事がリアルになるとか、ほんとにヤバ過ぎですよ。